Top>ビタミンCの効果

ビタミンCの効果とは


アスコルビン酸ともいう

抗酸化力が強くコレステロールの酸化防止などの働きがあります。

美容に欠かせない成分として知られ、コラーゲンの生成に関与しています。

かんきつ類、の他、野菜にもビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCが不足すると、かぜを引きやすくなる、疲れやすい、傷のなおりが悪い、など様々な不調がでやすくなる


ビタミンCの他の呼び名

アスコルビン酸 など


ビタミンCの安全性

一日の成人摂取量の100㎎程度の容量であれば、経口摂取、皮膚への塗布どちらも安全です。

過剰に摂取すると嘔吐、胸やけ、胃けいれん、頭痛などの副作用を招きます

一日に2000㎎以上摂取すると腎臓結石や下痢などを引き起こす可能性があります。

腎臓結石の既往歴がある方は、再発の恐れが高くなるので注意が必要です。

心臓施術を受けた方、腎臓結石の病歴のあるかた、代謝異常の方は使用前に医師または薬剤師に相談しましょう。

*ビタミンC推奨量 男女とも100㎎ 妊婦110㎎、授乳婦150㎎

ビタミンCと一緒に飲む時に注意が必要な医薬品

エイズウイルス感染症の治療薬

アンプレナビルなど

抗がん薬

コレステロールを下げる薬

フルバスタチン、プラバスタチン など

その他

アルミニウム、アスピリン、エストロゲン など

医薬品を服用している方は、使用前に医師または薬剤師に相談しましょう。



FX手数料